プロフィールです

Icy・Bluish

Author:Icy・Bluish
サーバー:Zephyros
国籍:イングランド
所属:バザールでござーる
職業:宝石商
心意気:いつでも探検家


囁き

Twitter < > Reload


最近の日誌&コメントです


内容別でまとめました


月別にまとめました


トラックバックらしいです


友達できるかなぁ?


RSSって何でしょうか?


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:気づいた事
こんにちわ~


イングランドシナリオ中盤頃に登場する海賊キャラ「大海賊マクレガー」さん。


この人が実在(*1)するのはご存知でしょうか?


元ネタの人(*1)はかなりの有名人らしく、知ってる人も多いみたいですが、
私は知らなくて「こんな人居たんだ~」って思いました^^;


そんな人居たっけ??という人は続きからどうぞ。
 


私は、いつも日誌の中に無駄なリンクやタグを入れるように心がけています。



以前の「轟音とつばぜり合いの3日間(大海戦)」のなかで張っていたカーボベルデのリンクを辿ると、大海賊マクレガーさんの元ネタ(*1)のような人の話がりました。



「大海賊マクレガーって誰??」って人も居ると思いますので、簡単な紹介を・・・


イング人にはお馴染みの人でなのですが、


女王陛下直々の討伐命令(19章)で倒しに行き、ザンジバル沖で戦う事になる相手です。




・・・ちなみに、

まだひよっこの頃の私は、
このシナリオのとき初めての喜望峰越えをしました。

ソファラでサムブーク(冒険)を買ってザンジバルに到着、
持ってる戦闘スキルが「剣術」1つだけ(応急手当すらない)だった事もあり、戦闘のとき火力不足で大苦戦;;
(たしか、クリティカルで20以下のダメージしか与えられませんでした;;)


そんな時、通りすがりのイング海賊アレ○ルさんに助けて頂いたんですよね。
ちょっと憧れです^^







・・・と、話が逸れました。




大海賊マクレガーさん、敗北シーン
 ↑写真右側:大海賊マクレガーさん



あの、ライザさんに惚れる(20章)という、ちょっと不幸な人です。



その後、ありがちな展開(22章)で仲間に^^;







ここからが、本題・・・


カーボベルデ共和国の史跡として「フランシス・ドレーク」さんによって破壊された街が残ってるとの事で・・・




思わず「町を破壊って、どんな人!?」と思って、興味を思っちゃいました。




この「フランシス・ドレーク」さんに関して読み進むと「マクレガー」さんとソックリなんです。



元々は親戚の人の元で奴隷貿易(*2)をしていたのが、自分の船を手に入れて独立。
さらに、その後海賊になった様です。


で、プリマスからガレオン船5隻の艦隊(*3)で出航して海賊行為(*4)をしながら、
マゼラン海峡→太平洋沿岸→太平洋横断→モルッカ諸島→インド洋→喜望峰ルートでイギリスへ帰国
世界を一周しイスパ船や植民地を荒らしまわったそうです。



史上2番目に世界を一周(イギリス人では初)した人との事です、1番は有名なあの方ですよね。
(でも、タバコを最初に欧州に持ち帰ったのはドレークさんらしいです)



それで、戻った後に女王陛下に財宝を献上したんだって。
(しかも、当時の国庫歳入よりも多い金額)
それで、イギリス海軍の中将に任命、同時に叙勲(*5)まで受け、その後プリマスの市長に^^;



でも、イスパとの関係悪化でまた海に出て、アルマダの海戦(*6)では艦隊副指令に、凄い出世です。



しかも、イスパ→白兵にこだわる、イング→距離を取っての集中砲撃戦術の中で、
元海賊らしく、豪快な戦法(*7)で無敵艦隊を撃退



その後、西インド諸島に打って出た時、スペイン軍の守備を打ち破ることが出来ず、そのまま病気で倒れ、それでも戦おうと錯乱し鎧を着込もうとして、その生涯を終えたとの事です。


大海賊マクレガーさんにこんな元ネタ(*1)があったとは、結構ビックリでした。
しかも、マクレガーさんより数倍凄い生き様ですよね。


知らない人が居たらお伝えしたいと、殆ど受け売りな感じで書いてしまいました。


ちょっと恥かしいです(*ノノ)


文字ばっかりで長かったですが、最期まで読んでくれた方ありがとね。



またね~







(*1)本当に元ネタかどうかは不明ですが、かなり似てると思います。

(*2)主にヨーロッパとアフリカとアメリカ大陸を結んで、その後約3世紀にわたってアフリカ原住民を対象として展開された、プランテーション経営に必要な労働力の国際取引をいう・・・らしいです。

(*3)この時代、すでに艦隊は5隻の制限があr・・・ごめんなさい;;

(*4)女王陛下が認めた(黙認、失敗して捕まってもイングランドとしては一切無関係との立場を取る)私掠海賊

(*5)騎士爵(ナイト)貰ったそうです。

(*6)リンクが切れている場合のトップページはこちら(Captain Fleet)

(*7)火のついた船を敵艦隊に突っ込ませるという従来からあった戦法で、普通は小さめの船でやるのが、ドレークさんは大型船を豪快に8隻使ったらしく、さすがにイスパも想定外だったみたい・・・良い子は真似しないでね><
 

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : 私掠海賊 イングランド シナリオ ライザ マクレガー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 「世界の中心で を囁く」 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。